« クローバーの原っぱ | トップページ | 上野原でアカシアが咲き始めました »

2015年5月 7日 (木)

明治神宮の森

用あって、久しぶりに明治神宮を訪れました。
あらためて、明治神宮の森のボリュームに驚かされました。
100年前に植樹してできあがった森とは思えません。

たった100年でこんな森ができてしまうのが日本の自然、ということが実感できます。何もしないと、森にのみこまれてしまいそう。
油断して草刈りしないと、すぐに草ぼーぼーになる風土。

保護というよりは、手入れが必要な風土。
だから里山という地域が存在するのでしょう。

明治神宮の森で見た蜜源となりそうな木は、マテバシイ、エゴノキ、アカメガシワなどがありました。
エゴノキは、もうすぐ花が咲きそうでした。

原宿のコロンバンが、屋上でミツバチを飼っているようですが、どんな味なのか、一度味わってみたいものです。


L1070600

|

« クローバーの原っぱ | トップページ | 上野原でアカシアが咲き始めました »

雑感」カテゴリの記事