« 蜂場への道 | トップページ | 残留農薬の基準値 »

2013年11月11日 (月)

ゼルコバの時間

東京の立川、といっても立川市内のずっと北の方、西砂町というところにある「天然酵母パンとカフェ ゼルコバ」

年に数回程度であるものの、通い始めてもう10年近くになりますが、ゆったりと、あたたかい店内の空気、時間は変わりません。
この空気、店内を流れる時間は、一朝一夕でできたものではなく、日々の心のこもった仕事の積み重ねによるものだと思います。

人気のパン屋さんで、メディアに何度も取り上げられ、ときにはパンがお昼にはなくなってしまうような状況になっても、それが変わらないというのが、さらにすごいところです。

ジオライフのはちみつも、使ってくれる人があたたかい気持ちになるような、心あったまる時間を過ごせるような、そんなはちみつを目指 して、日々努力していきたいと思います。

L1040179

|

« 蜂場への道 | トップページ | 残留農薬の基準値 »

雑感」カテゴリの記事