« タイワンリス | トップページ | セイタカアワダチソウに訪花 »

2013年10月20日 (日)

ND(不検出)の列


上野原と三浦のはちみつを、第三者の検査機関に依頼して、残留農薬を調べてもらいました。

この度、結果が戻ってきて、260種類の農薬すべてにおいて、ND(不検出)の記号の列が並んでいました。つまり、260種類に限ってではありますが、主な殺虫剤や殺菌剤等の農薬の残留が認められなかったということです。
ほっとしました。

上野原の蜂場は、周囲に本格的に農業をしているところがあまりなさそうなので、大丈夫だと思っていましたが、三浦の蜂場がある三浦半島南部は、キャベツや大根などの一大産地です。農薬の危険を避けて、ミツバチの巣箱を引っ越ししたくらいですから、結果を受け取るまでは少し心配でした。
たとえ巣箱を置いてある場所が安全でも、ミツバチの行動半径は4kmくらいまであるので、周囲の影響を受けてしまいます。風の影響も無視できません。

今回の結果から考えて、ミツバチの生態には危険でも、ハチミツに混入するほどではない、ということになるでしょうか。
ただ、今年の8月に、愛媛大学の研究で、13種類の国産ハチミツから残留農薬が検出された(人には影響ない程度)という結果が発表され、念のため、検査した次第です。

L1040018

|

« タイワンリス | トップページ | セイタカアワダチソウに訪花 »

雑感」カテゴリの記事