« 巣門での出入りの変化 | トップページ | 光が丘の青空市 »

2013年9月28日 (土)

西洋ミツバチの進化

これまで、西洋ミツバチは、日本のスズメバチになすすべもなくやられるというのが定説でした。

が、巣門の前で、1匹のスズメバチを何重にもミツバチが取り囲んで攻撃している姿を横須賀の蜂場で発見。

ミツバチには耐えられて、スズメバチには耐えられない温度まで上げて蒸し殺す、“ふとん蒸し殺法”は、日本在来のニホンミツバチにしかできないと言われてきましたが、西洋ミツバチも学習したのかもしれません。

そのようなうわさをちらほら聞いてはいましたが、目の前で見られるとは…。

ただ、本当に温度差を利用しているかどうかは、見ているだけではわかりません。
単に針で攻撃しているだけなのか…。
今度、温度計を蜂球に突っ込んでみたいものです。


L1030869

|

« 巣門での出入りの変化 | トップページ | 光が丘の青空市 »

三浦みつばちプロジェクト」カテゴリの記事