« たてわり | トップページ | カフェアフリカの寒天ゼリー »

2013年7月25日 (木)

蜂場周辺の花(三浦2013.7)

今、三浦の蜂場では、カラスザンショウという木が花を咲かせています。

よく知られた山椒と同じミカン科ですが、山椒がせいぜい2~3mの低木であるのに対し、カラスザンショウは5〜15mにもなる高木です。

クリーム色の、小さなつぼみが寄り集まったような花を木の上の方に咲かせます。
この時期の貴重な蜜源となるということで、あらためて注意していると、三浦半島のあちらこちらで見ることができました。

次にしぼる蜜には、カラスザンショウの蜜が入ります。

L1030144

|

« たてわり | トップページ | カフェアフリカの寒天ゼリー »

三浦みつばちプロジェクト」カテゴリの記事