« 8時間労働 | トップページ | ゆがんだ巣板 »

2013年6月13日 (木)

巣礎枠づくり

1つの巣箱の中に巣板と呼ばれる枠を9枚ずつ入れているのですが、今日は雨なので、その巣板の予備をつくる作業をしました。

木の枠に針金を張ります。張り過ぎると針金が切れるし、張りが弱いのもだめ。なかなか加減が難しいです。

次に、巣礎と呼ばれる、蜜蝋でできた薄いシートのようなものを針金にくっつけます。ハンダごてのようなもので熱して、針金を薄い巣礎の中に埋めていきます。これも加減が難しい。
ハチさんたちに“こんなんじゃ巣はつくれねぇ”と、そっぽを向かれなければいいのですが。
L1020684


|

« 8時間労働 | トップページ | ゆがんだ巣板 »

三浦みつばちプロジェクト」カテゴリの記事