« 栗の花 | トップページ | 巣礎枠づくり »

2013年6月12日 (水)

8時間労働

働き蜂と呼ばれるように、ミツバチは働き者ということになっています。

実際のところどうなのだと、古くは1899年にも観察・研究されているようです。
その後、追跡調査がされ、働き蜂が自分の群れのために働く時間は、全生活時間の27.8%だったという研究結果が出ているそうです。
24時間になおして、約7時間。ごくおおざっぱにいえば、ハチも1日8時間労働。
生き物って、多少の違いはあれど、だいたいそんなものかという感想を持った次第です。

とはいえ、ハチさんたちへの働きには、日々感謝、敬服しております。

|

« 栗の花 | トップページ | 巣礎枠づくり »

雑感」カテゴリの記事