« ローズマリー | トップページ | 蜂場周辺の花(三浦2013.5) »

2013年5月15日 (水)

蜂場周辺の花

三浦の内検で、女王蜂もいて、蜜もあり、卵もありと、順調であることを確認しました。
内検を終え、ミツバチが飛んで行く方向をじっくり眺めていると、明らかに以前と変わりました。そこで、天気も良く、風もさわやかなので、畑の脇をうねうねと散策してみました。

周辺には、けっこうカボチャの畑があり、ちょうど今、黄色い花が咲いています。世の中にはカボチャのハチミツが売られているぐらいですから、有力候補です。
なんでも、以前さかんに作られていたスイカの代わりに、最近はカボチャの栽培が増えてきたそうです。

また、三浦名物のキャベツ畑も広がっていますが、春キャベツはほとんど終わりです。中にはほとんど収穫せずにほったらかしのようなキャベツ畑があり、写真のように菜の花が咲いていました。キャベツの花ともいえましょう。
ウチの子たちは来ているかと見ていると、ミツバチでないハチが来ていました。

それにしても気持ちのよい天気で、菜の花の向こうには東京湾と房総半島が良く見えました。

そういえば、内検のとき、かなり赤い花粉をつけている者がいました。あれは何の花の花粉なんだろう?

L1020378

|

« ローズマリー | トップページ | 蜂場周辺の花(三浦2013.5) »

三浦みつばちプロジェクト」カテゴリの記事